リセルジェシャンプー「洗浄成分なし」代わりに微弱電荷技術で

2020年3月24日

「洗浄成分なし」という驚きのシャンプーが登場。

それがリセルジェシャンプー。

詳細はコチラ>>【リセルジェシャンプー】

洗浄成分の代わりに微弱電荷技術

シャンプーヲタにとっては「洗浄成分が何か?」こそが一丁目一番地だったわけだけど、その洗浄成分がNothing なシャンプーがこの世に登場していたとは…

洗浄成分に代わるのが「微弱電荷技術」というもののようで…

( ̄□ ̄;)!!  シャンプーヲタの未来はどうなる!?

微弱電荷技術とは?

微弱電荷技術って何?

それが、洗浄成分の代わりになるの?

以下、順番に頭の中を整理しながら理解を進めるとすると…

参照:〝微弱電荷〟技術とは? PDF

1.細胞同士で情報交換

体内の細胞同士、微弱な電気信号で情報交換している。

2.肌細胞自ら美容成分生成

美容や健康を保つためには、細胞同士の情報交換(細胞の会話)を活発にすることが最も重要。

それによって、自らの肌細胞の力で美容成分を生み出す(子供肌に再生する)ことができるようになる。

※従来の「成分を注入する」という考えとは相容れない。

3.水と油

油(頭皮の汚れ)と水は混ざり合うことがないため、水だけでは頭皮の汚れを落とすことができない。本来は…

4.従来は界面活性剤

従来は、油と水を合わせるために、界面活性剤というものを使用してきた。

ただ、界面活性剤は、汚れとは別の髪や肌自身が持っている油分の膜を破壊してしまう。

【界面活性剤を使わないシャンプー登場!】

5.微弱電荷技術が登場!

微弱電荷技術によって、油と水を混ぜることができる。

微弱電荷は、元より、「細胞間の会話」によるものなので、髪や肌自身が持っている油分の膜を破壊するようなことはない。

つまり…

微弱電荷技術によって、

・肌細胞が自らの力で美容成分を生み出す

・水で油(汚れ)を洗い流す

ことができる(んじゃないか?)ってことでいいんじゃないかしら?

詳細はコチラ>>【リセルジェシャンプー】