コカミドプロピルベタイン(シャンプー洗浄成分)メモ

2020年5月15日

コカミドプロピルベタインは、ヤシ油由来の脂肪酸などを合成しベタイン化して生成された両性界面活性剤(※プラスに帯電したり、マイナスに帯電したりするから「両性」だそうな)。

シャンプーの原料としては、洗浄成分としての働きのほか、コンディショニング成分保湿成分としての働きもあるとされています。

刺激やアレルギー性もほとんどなく、安全性は高い成分と考えられます。

コカミドプロピルベタインを使用しているシャンプー

コカミドプロピルベタインを使用しているシャンプーのメモ。

香りで心を鷲づかみ!MERCURYDUOシャンプー