グローリンカミタスシャンプー成分メモ

頭皮環境を整える専門の(?)シャンプー・グローリンカミタス。

狙いは、このシャンプーで頭皮環境を整え、愛用している発毛促進剤の浸透を良くすること。

※発毛剤、育毛剤は別に購入します

勿論、頭皮環境を良くすることは、発毛、育毛に限らず、およそすべての髪の悩みを解消する方向に向かわせるはずなので、このシャンプーが「本物」なら、発毛、育毛以外の目的のためにも試してみる価値はありそう。

以下、このシャンプーの成分から、試してみる価値がありそうかどうか見ていくと…

アミノ酸系+ノンシリコン

このグローリンカミタスシャンプーは、アミノ酸系のノンシリコンシャンプー。

アミノ酸系シャンプー

アミノ酸系シャンプーの良いところは、「余分な皮脂を取り除くけど、必要以上にはそれをしない」といった点でしょう。

アミノ酸系シャンプーは、頭皮・毛髪と仲が良く、洗浄、保湿、補修がバランスよく機能すると言われています。

ノンシリコンシャンプー

シリコンシャンプーは、時折、「頭皮の毛穴をふさぐ」などと言われます。それが正しいかどうか甚だ疑問ではありますが、少なくとも、ノンシリコンシャンプーではそういった懸念がないことは確かです。

11種類の植物エキス

グローリンカミタスシャンプーに含まれる11種類の植物エキス。

ゴボウ根/オウゴン根/ヒキオコシ/ビワ葉/シャクヤク根/大豆種子 /ボタン根/ボダイジュ花/ユリ根/たけのこ皮/海藻

それぞれの成分が、頭皮環境を整えたり、美髪効果をもたらしたり、良い香りに貢献したりします。

詳細⇒「薬用グローリンカミタス」で頭皮力アップ!

口コミ情報は少ないけれど…

グローリンカミタスシャンプーの成分を見る限り、余計なものは入っておらず、良質な成分が頭皮環境を整え、頭皮に必要な栄養を送り込むものと考えられますね。

2020年5月時点では、口コミ情報が少なく、「他人の様子を見て自分がどうするか決める」のは難しそうです。

ですが、シャンプーの成分は素晴らしく、これを使ったことで何かが本質的に悪くなることはまず考えられず、まずは「自分の頭皮に効くシャンプーは、自分で試すのが一番」かもしれません。

詳細⇒「薬用グローリンカミタス」で頭皮力アップ!